イベント/公開シンポジウム(2019/10/11)

基調講演

基調講演

「脳を計測して人間を知る-AI・普遍倫理・芸術思考へ-」
 小泉英明氏 (株式会社日立製作所 名誉フェロー、東京大学 先端研フェロー)

 

 近代に至る以前、「計測」とは「神の御業を計り知ろうとする人間の不遜な行為」とされたこともあった。逆に言えば、「計る」ことは、それほど深い意味を持っていた。一方、哲学では「吾う故に吾在り」「人間はえる葦」とも言われてきた。人間が思考し行動するのは脳の存在によるのであるから、「脳を計測する」ことは人間を直接知ることに繋がる。世界が大きく変容する現在、本質的な課題が表に現れてきている。人間を越える智慧は人工的に得られるのか、人間はいかに生きるべきか、幸福とは何か、が問われている。今回は、生きた人間の脳活動を計測した結果を根拠に、自然科学と人文学・芸術を架橋・融合させた視座から述べてみたい。


ホーム サイトマップ